シトルリンの効果・摂取方法

シトルリンの効果・摂取方法

シトルリンとは

シトルリンとは、遊離アミノ酸のひとつで、ウリ科の植物に多く含まれています。
アンモニアから尿素を生成する回路で、重要な役割を果たしています。

また、体内のシトルリンはアルギニンに再合成される特徴があり、アルギニンの効果を増幅させる効果もあります。

シトルリンの効果

アルギニンへの転換

シトルリンは体内でアルギニンに転換されるので、アルギニンの恩恵を受けることができます。

ならばアルギニンを摂取したほうが手っ取り早いのではと思いますが、シトルリン とアルギニンでは口から摂取した後の代謝経路が異なるのです。

同量のシトルリンとアルギニンを口にした場合、シトルリンの方が血中でのアルギニン量は多くなるという結果もあります。

シトルリンとアルギニンを併用することで、より大きな効果を期待することができます。

筋トレ効果の促進

体内のシトルリンがアルギニンに転換されるときに、体内の一酸化窒素の濃度が上昇します。
一酸化窒素には血管拡張作用があるため、血流量が増加して運動のパフォーマンスを向上させ、運動によって生じる乳酸やアンモニアなどを素早く除去してエネルギーの生成を促進する働きもあります。

この反応に伴い、成長ホルモンの分泌促進や、筋肉を構成するタンパク質の分解抑制や合成促進などが起こります。

冷え性・むくみの改善

血流をスムーズにすることで運動パフォーマンスの向上だけでなく、冷えやむくみの症状を改善することが期待されます。
また、血流が良くなるということは、動脈硬化の進行の抑制や脳の血流促進によって集中力や記憶力にもいい影響を及ぼすのではないかといわれています。

肌質の改善

シトルリンは、肌の潤いを保つ天然保湿因子(NMF)のひとつであり、遊離アミノ酸としてはセリンの次に多く含まれています。
NMFは私たちがもともと持っている保湿成分のことで、肌のツヤやハリを維持するために重要です。

シトルリンを十分に摂取することは、NMFを保持するだけではなく、血流改善効果によって新陳代謝を活発にするので、肌のターンオーバーも促進することが期待されます。
また、抗酸化作用もあるため、肌を酸化ストレスから守ってくれるといわれています。

副作用

シトルリンは毒性が低い成分なので、過剰摂取による健康被害の報告はありません。食品から摂取するぶんには問題ありませんが、サプリメントで摂取する場合には目安の摂取量を守るようにしましょう。

シトルリンの摂取方法

1日の摂取量

一日の摂取目安量は800mg程度とされています。

摂取タイミング

運動前後に摂る

シトルリンは疲労回復をサポートすることが期待されており、運動前後に摂ることで疲労感の軽減につながります。

就寝前に摂る

成長ホルモンは、夜寝ている間に多く分泌されることが知られています。その材料となるシトルリンを就寝前に摂ることで、成長ホルモンの分泌促進や代謝促進効果が期待できます。

おすすめのサプリメント

『Lシトルリン 1,200mg』now foods ※管理人愛用中

アメリカの会社のサプリメントになります。

海外製だと不安がありますが、アメリカのサプリメントは厳しい基準をクリアする必要があり、now foods社は有名なサプリメントブランドなので、安全性は高いです。

また日本製のサプリメントよりコストパフォーマンスに優れているので、海外製に抵抗がない方にはオススメです。

海外製のサプリメントを買うときは、「iHerab」というサイトで安く販売されていることが多いので、必ずチェックしておきましょう。

海外発送なので配達に少し時間がかかりますので、時間に余裕があって安く済ませたいのであれば、「iHerab」のサイトでの購入をおすすめします。

ここからのリンクから購入すると全品5%Offになります!

『シトルリン』バルクスポーツ(BulkSports)

国内製にこだわるのであれば、バルクスポーツのサプリメントをおすすめします。
品質にこだわっているメーカーなので安全性が高く、コストパフォーマンスにも優れています。

まとめ

・参考サイト

当サイトに掲載した情報は、全て個人的に調べたものであり、正確性や安全性について保障するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

サプリメント・プロテインカテゴリの最新記事