アルギニンの効果・摂取方法

アルギニンの効果・摂取方法

アルギニンとは

アルギニンはアミノ酸の一つです。
体内でも合成されるため、非必須アミノ酸に分類されます。

しかし、大きなケガや手術後など体力消耗が激しいときは十分に合成できないことがあります。
また、年齢を重ねると共に体内での合成量が減るため、大人でも十分摂ることがすすめられています。

アルギニンの効果

成長ホルモンの合成を促進

成長ホルモンは病気にかかりにくい体を作ったり、傷の治りをスムーズにしたりする効果が期待されています。
さらに脂肪の代謝を促して筋肉を強化する効果も期待でき、引き締まったプロポーション作りの役に立ちます。

免疫力向上

アルギニンは私たちの体内で、免疫細胞のマクロファージが活性化するよう働きかけます。
マクロファージの働きが活性化すると、私たちの免疫力アップにもつながり、病気に負けない強い体を作り出すことが期待できます。

疲労回復

他のアミノ酸とともにTCA回路(エネルギー代謝システム)でエネルギーを効率よく生み出し疲労回復を早めます。
また、他のアミノ酸とともに肝臓内の尿素回路の働きを高めて、脳疲労の回復も早めます。

美容サポート

アルギニンには角質層を保湿する効果があり、アトピー性皮膚炎や老化による乾燥もアルギニン入りのクリームで改善がみられたという報告があります。

血流改善

アルギニンは一酸化窒素(NO)を産生し、血管の平滑筋を弛緩することで血管を拡張させ、血流を改善する働きがあります。
また、血流を改善することで精子の量や運動性を上げる効果も期待されています。

副作用

アルギニンはアルカリ性の強い栄養素なので、胃が荒れる・腹痛・下痢などの症状が出る場合があります。
クエン酸で中和することができるので、柑橘類や梅干しと一緒に摂取するのが望ましいです。

また、中和済みのサプリメントもあるので、そういったものを選ぶのもよいでしょう。

アルギニンの摂取方法

1日の摂取量

一日に1~8gのアルギニンを摂ることで成長ホルモンの分泌促進、筋肉量の増加や体重・体脂肪の減少、血管拡張などの効果がみられたという報告があります。

大量摂取すると、消化器官に悪影響を与える場合があるので、複数回に分けて摂取しましょう。

摂取タイミング

運動前後に摂る

アルギニンは疲労回復をサポートすることが期待されており、運動前後に摂ることで疲労感の軽減につながります。

就寝前に摂る

成長ホルモンは、夜寝ている間に多く分泌されることが知られています。その材料となるアルギニンを就寝前に摂ることで、成長ホルモンの分泌促進や代謝促進効果が期待できます。

おすすめのサプリメント

『Lアルギニン 500mg』now foods ※管理人愛用中

アメリカの会社のサプリメントになります。

海外製だと不安がありますが、アメリカのサプリメントは厳しい基準をクリアする必要があり、now foods社は有名なサプリメントブランドなので、安全性は高いです。

また日本製のサプリメントよりコストパフォーマンスに優れているので、海外製に抵抗がない方にはオススメです。

海外製のサプリメントを買うときは、「iHerab」というサイトで安く販売されていることが多いので、必ずチェックしておきましょう。

海外発送なので配達に少し時間がかかりますので、時間に余裕があって安く済ませたいのであれば、「iHerab」のサイトでの購入をおすすめします。

ここからのリンクから購入すると全品5%Offになります!

『アルギニンタブレット』バルクスポーツ(BulkSports)

国内製にこだわるのであれば、バルクスポーツのサプリメントをおすすめします。
品質にこだわっているメーカーなので安全性が高く、コストパフォーマンスにも優れています。

まとめ

筋肉を維持して脂肪を燃やしたい、免疫力をあげたい、生活習慣病を予防したい、男性としての活力をつけたいのであれば、アルギニンを積極的に摂取すると効果的です。

副作用もあるので、最初は少量から始めていきましょう。

・参考サイト
http://www.citrulline.jp/faq/life/arginine.html
http://cp.glico.jp/powerpro/amino-acid/entry12/
http://www.fujiyaku.org/ygk/?p=4731

当ブログに掲載した情報は、全て個人的に調べたものであり、正確性や安全性について保障するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

サプリメント・プロテインカテゴリの最新記事